arakabu-kamenoteのブログ

あちこちガタがきだしたオヤジの日々の記録です。

お久しぶりね

暫くブログご無沙汰していた。
何となく、やる気が無くて少しだけ憂鬱な日々が続いていた。

コロナで何処にも行けない、仕事以外ほとんど外にもでない。
「最近、何となく憂鬱、ひょっとして鬱病」とポツリと呟くと、
オマハンそんなたまか」とあっさりと妻に言われた。
それもそうか、と妙に納得。
久しぶりにブログでも書くか。
となったわけである。
全く単純そのものである。

さて、なに書こうか?
コロナ禍で、不平不満、言いたいことはたくさん有るが、愚痴をこぼしても始まらない。
私は私の道を行くのみである。
そこで、今日は一寸だけ真面目に将来のエネルギ問題でも書いてみよう。
とは言っても、数多の問題がある。
まずは、太陽光発電についてでも書こうか。

私は、仕事で太陽光発電設備も幾つか見ている。
現在のように主たる電源が別にあり、その手助け的に太陽光発電を利用しているのなら、現状のままで大きな問題はない。
しかし、将来は再生可能エネルギの主力として太陽光発電が主体的に稼働するのであれば、今のままではいけない。

現状の太陽光発電所は、電力会社の配電線に接続されていて、電力会社側のトラブルで停電が発生すると、太陽光発電所も停止する。
これは安全の為の仕組みである。
何らかの原因が有って電力会社の発電所からの送電を止めたのだから、太陽光発電所からの電気が止まらなければ、電力会社が送電を停止した意味が無い。
(例えば、感電事故を即座に検知して電気を止めたのに、太陽光発電所からの電気が止まらなければ、安全は確保出来ない)

これは、主電源が現状の電力会社の発電所なので、運用も電力会社主体で考えられているのだ。

でも、将来的には、一寸不都合なことになる。
大きな災害なので孤立した地域に太陽光発電所があっても、電力会社の送電線や配電線に被害が有って、電力会社の電気の復旧が直ぐには出来ないときは、その地域の太陽光発電所は何の役にもたたない。
地域全体をカバーする電気は作れなくても重要施設だけでも電気を使えるようにしたいと思うのは、皆同じである。

太陽光発電所が、火力や水力、原子力発電所などの一般的な発電所と違うところは、作った電気が【直流】である事である。
世の中の電気は、世界中【交流】が使用されている。

したがって、太陽光発電所には、パワーコンディショナと言う機械が付属していて、この機会で、直流を交流に変換している。
交流とは、➕ ➖ の電気が波のように時間と共に繰り返す電気である。
直流を交流に変換するとき、電力会社側の交流と、波の大きさ、➕ ➖の山と谷のタイミングもぴったりと一致する交流を作らないと、電力会社の電線に繋いで使用出来ない。

パワーコンディショナが、この作業をしているのだが、良く考えると、電力会社の電気が無いと、交流の波の大きさや、波の山谷の判断が出来ない。
と言うことは、電力会社の電線に繋いで使用できる交流の電気が作れない事になる。

電力会社から電気が来てない電線は、電力会社の交流と混ざる事はないので、一般に使用されている交流の電気さえ有れば緊急使用は不可能では無いのだが、現在の太陽光発電所は、電力会社の交流と全く同じ交流しか作れない。
電力会社の交流情報が入力されないと、電気を送り出せないのだ。

一般の発電所では、他の発電所と連携せずに単独運転できる。
太陽光発電所には現状はこの単独運転の仕組みが原則的に無いのだ。

地球温暖化対策で、太陽光発電所が増えると、連携線が切れても単特運転できる機能は絶対に必要になると思っている。

根本的には、直流の電気使用に付いても検討していく必要があると思う。
日本では、交流の種類が西日本と東日本で違ってる。
以前は、電化製品も西日本用、東日本用別れていたが、最近はあまり聞かなくなった、それは電化製品事態が、交流の電気を一旦直流に変換して使用するものが増えて、交流の種類に依存しなくなったからだ。

と言うことは、直流の電気を直接需要家におくって使用する社会ができれば、製品も交流から直流に変換しなくてすむ。
ま、そう簡単な問題ではないが、それもありかな、と考える。
直流は直流の良さもあるのだ。
げんに、本州と北海道の連係送電は直流で行われている。